正しい洗顔方法とは?

MENU

質のいい泡で正しく洗顔する方法とは?

質のいい泡

洗顔石けんの質のいい泡を使って洗顔をすると、
肌にはとってもいい効果が表れます。

 

 

質のいい泡とは?
石けんの成分が、しっかりお肌に効果をもたらす泡のこと!

 

 

これは泡立てに関係してきます。
泡立て方法に関しては、こちらに詳しく書いてありますので、
参考に読んでみてくださいね。
⇒ 洗顔石けんの泡立て方法

 

 

肌への効果はたくさんありますが、主にこんな感じです。

 

 

 

  • くすみが消える。
  • キメが整う。
  • 透明感が出てくる。
  • ファンデーションのノリが変わってくる、モチがよくなる。

 

 

正しい洗顔をすると、その後に肌につける化粧水や美容液の浸透も全然違う。
相乗効果を生み出します。

 

 

 

ただ、質のいい泡を作っても洗顔方法を間違うと、これまた逆効果!!

 

あなたは、肌トラブルを招く洗顔方法を続けていませんか?

 

 

美肌のために、洗顔方法の見直しも必須です!!

 

 

 

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法って、難しく考えなくてもいいのですが、
今まで自分がやっていた方法をちょっと思い浮かべてみて、ちょっとチェックしてみましょう。

 

 

  • 泡の上からゴシゴシ擦っていませんか?
  • すすぎはちゃんとおこなえていますか?
  • 洗い残しはないですか?
  • 柔らかいタオルでゴシゴシしていませんか?

 

 

泡洗顔で肌トラブルが発生する原因は、肌の摩擦にあります。
(これは、なんでもそうですが・・・)

 

 

泡の弾力を利用して、くるくるするだけで汚れは落ちます。
優しく触れるか触れないかくらいで洗うのが〇です。

 

 

ポイントです!

 

正しい洗い方のポイントをおさらいしましょう!!

 

イメージ的には、お豆腐を触るように優しく・・・・・

どうしても、汚れを落とそうとすると力が入ってしまいがちです。
お豆腐や赤ちゃんを触る時のように、優しくを心がけてね。

 

すすぎは最低20回くらい!!

すすぎは最低でも20回くらいすすぎましょう。
20回くらいすると、手の感触が違ってくるのが解ります。
(手に貼りつくような感じを受ける石けんもあります)
この時も、擦らないように泡を落とす!というイメージでやるとうまくいきますよ。

 

洗い残しをチェックしましょう!

髪の毛の生え際・耳のあたり・アゴの下など、
洗い残しをチェックしながらすすぎましょう。
洗い残しは、肌のトラブル特にくすみ・シミの原因になります。
私は鏡でチェックしながら、流しています。

 

柔らかいタオルでこすらず水分を拭き取りましょう!

洗いあがったら、できるだけ柔らかいタオルでこすらず水分を拭き取りましょう。
ふき取る場合も、洗う時と同様に優しく水分を拭き取る感じです。

 

擦るということは、絶対にダメね!!

 

 

 

優しく洗顔で美肌をゲット!!

 

洗顔方法を変えるだけで、肌もキレイになります!!
更に洗顔石けんを変えれば、もっと素肌はよくなります。

 

 

 

化粧品の効果があがらない・・・・
肌のくすみが気になりだしたら、洗顔石けん&洗顔方法を変えてみる。

 

これもスキンケアの見直しの一つです。
参考にしてくださいね。