洗顔石けんの泡立て方法

MENU

洗顔石けん上手な泡の作り方とは?

たっぷりの泡

洗顔石けんを使う時、必ず泡を立てますよね。

 

泡のチカラで、肌に負担をかけることなく洗顔することが一番いい洗顔方法。

 

 

 

この泡ですが、
「泡を立てるのが下手なのよ・・・・」

 

 

石けんって、泡をつくることから始めるでしょう?
苦手な人って多いみたい。

 

 

洗顔石けんを使いたくても、泡がうまく立てることが出来なくて、
捨ててしまった・・・・っていう人もいるくらいです。

 

 

上手な泡の作り方を、ちょっとご紹介します♪

 

 

 

洗顔石けんの上手な泡立て方法。

洗顔をする時、まず手をキレイに洗ってから使いましょう。
手が汚れていると、泡立ちが悪くなるらしいですよ^^

 

これが前準備です。

 

泡立てネットを最初に十分ぬらします。

泡立てネットは、洗顔石けんを購入すると、だいたいついてきますよね。
最初に、ネットを濡らしておきます。

 

石けんは強くこすらない!

石けんをネットに強く押し付けると、かえって泡立たなくなります。
2重構造になっているネットであれば、中に石けんを入れて
優しくクルクルするイメージで、空気を入れるように転がしていきます。

 

空気を入れるように・・・っていうのが解りにくい場合は、
ちょっと浮かせる感じですね。

 

手で泡立てるときも同じです。
空気を入れるようにすると、ネットがなくても泡立ってきますよ!!

 

泡が硬いようならば、少しずつ水を足す。

泡が硬い・・・と感じたら、少しずつ水を足していきます。
水が多いと、泡がつぶれてしまいますのですこしずつ足していきましょう。

 

 

泡が手からあふれてきたら絞り出す!

泡が手からあふれてきたら、石けんを取り出してネットを根元から絞り出します。
そうすると、だいたいソフトボール大の泡ができあがっているはず!!
(石けんによっては、もっと大きくなる場合もあります。)

 

もし、小さい場合は少量の水を足して、手の平でくるくるするとまた大きくなっていきますよ^^

 

 

最後に、泡をまとめて・・・・・
顔に広げて、泡を転がすように優しく洗い上げてくださいね。

 

 

参考になる動画をご用意しました。
洗顔は泡で優しく洗うことで、毛穴の汚れや古い角質も落としてくれます。
美肌への第一歩だと思って、洗ってくださいね^^