洗顔石けんの選び方

MENU

いい洗顔石けんと悪い洗顔石けんってある?│洗顔石けんの選び方

洗顔石けん

洗顔石けんを選ぶとき、気になるのはやっぱり成分ですかね?

 

最近では、自然派(ナチュラルコスメ)化粧品やオーガニックコスメなども人気が高くなっているので、
肌に優しい感じ・・・・っていうアイテムを選ぶ人が増えています。

 

 

基本洗顔石けんって、
「肌質を選ばない」というのがメリットです。

 

 

スキンケアの場合は・・・というと・・・・

 

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • オイリー肌
  • 混合肌

 

肌に合わせたスキンケア・アイテムを選ぶと思いますが、
石けんの場合は、天然洗浄成分のみで作られたものを選べぶことによって、
特に肌質や年齢なども関係なく、使うことができます。

 

 

 

 

いい洗顔石けんってどんなん?

いい洗顔石けんっていうのは、石けん素地100%に近いモノをいいます。

 

石けん素地?
石けん素地は、石けんの元の成分のことです。
石けん素地100%に近く、なおかつアルカリ性のモノをいい石けん
っていうことです。

 

 

洗顔料は使用成分(石けんのもとになる成分のことです)を表示する義務があるので、
パッケージの裏、購入した時のパンフレット・サイトなどで知ることができます。

 

 

ただ、沢山の成分が表記されているのですが、
使っている成分が多い順番に記載されることになっています。
成分をチェックすると、よーく解りますよ^^

 

 

 

無添加でも完全無添加ではありません!

石けんでもスキンケアでもそうですが、
無添加と完全無添加とは違います。

 

 

日本では検査的にはとっても曖昧。
無添加なものが1つでもあったら、無添加という表記が使われてしまえるくらいです。

 

 

完全無添加というのは・・・・
化学合成物質を一切使わず、色素・香料なども添加物がない成分で作られたモノ
ことを言います。

 

 

 

上記で説明しているように、【成分表記】の義務があるので、
ちょっと怪しい・・・よくわからない・・・という成分が合ったら、
完全無添加ではないってことだけ、覚えておくといいと思います。

 

 

 

純石けんを使うと、最初はガビガビしたり肌が乾燥したりすると思います。
でもそれは、肌力がついていないせいでもあるんです。

 

 

最初慣れるまでは、純石けんに牛乳やココナッツオイルなどを混ぜると、
肌の乾燥は防げます。

 

 

ただ、食品などを混ぜ合わせる事に抵抗がある方は、
保湿成分(コラーゲン・スクワラン等)が入っている洗顔石けんを選ぶと、
洗浄力と保湿力を両方保てると思いますよ^^